コンニャク湿布


コンニャク湿布で臓器の痛みや悪寒・肩こり・腰痛の手当て

http://blog.goo.ne.jp/gensuien/e/199aec36a81aa6cf00bdc44285dc6705

コンニャク芋は 3年以上土の中で育ちます。そのため大地のエネルギーをたっぷり吸いこんで陽性エネルギーを溜めこんでいます。このエネルギーを分けてもらい 身体を芯から温めることが出来ます。

 

小さくなるまで 数回使えるので終わった後 タッパーにしまいます。もちろん毒素を吸ってるので、食べないでくださいね。

10分以上茹でると熱いので、タオルを2重に巻いて冷めたらはがして使います。

直接肌に乗せて 温める方法です。

生姜湿布をする元気がない時、自分で楽に出来る方法です。

 

腹痛・腰痛・生理痛・冷えからくる 膀胱炎・風邪気味で冷えている時には、腹に抱えるといいです。

 

もう一つの利用方法は、里芋パスターに乗せて温める方法です。

これは、癌などの症状があり 身体を里芋パスターで冷えないように 温めながら毒素を抜きます。

 

重症の人は 一度に長時間湿布すると 毒素がたくさん出て来て 身体がだるくなります

20~30分程度に 抑えて 毎日 少しずつすると良いでしょう。

 

 

1、

タオル2枚用意

2、

20分茹でる

3、

1枚を包んでから2枚目を包む

4、

腹と肝臓に当てる、冷めないようにバスタオルをかぶせる


5、うつぶせになり 腎臓部分に当てる。

6、赤くなったところを 冷たいタオルでサッとなでる

 

ゆったりとした時間の中で リラックスしながら お手当して下さい