高熱の時


第1辛い大根スープ







リンゴジュースの葛練り








 

体温を測ると 39以上

 

インフルエンザなどウイルス性の熱が出てくると

寒気がして 震えてきます だるくて何もできません

 

 

 

丼いっぱいの第1大根湯(辛い大根スープ)

を飲んで

 

布団を頭まで がっぽりかぶって

 

温かくして寝ていると30分ほどで

 

汗がたくさん出て熱が下がります

 

部屋の中も 暖かくして閉め切り状態にしてください

 

 汗が出たら、すぐにタオルで拭いて、汗を拭きとり、新しいパジャマに 何度も着替えてくださいね

 

(作り方)~~~~~~~~~~


第1大根湯 のレシピ

 

 丼  おろし器 を用意します

  

(材料)

 

大根の下側をおろし大さじ山3

 

生姜おろし大根卸の10%

 

醤油大さじ1

 

三年番茶2カップ

  

手順通りに 従ってください

 

1、

 

丼に大根のしっぽの辛い方を

すり おろし大さじ山3を入れる

 

2、

 

醤油を大さじ1強入れる

 

3、

 

生姜おろしを一つまみいれる

 

4、

 

熱い三年番茶を2カップ入れて

 

5、

 

ここで初めて かき混ぜます

 

6、

  熱いうちに飲み切ります

これでお腹がいっぱいになります

 

~~~~~~~~~~~~~~

  

2~3回で 汗が出きって 落ち着きます

 

 その後 

 

リンゴジュースの葛練りです

 

または

りんごのすりおろしです

 

レモン汁を 数滴かけて 酸味をアップすると さらにいい

 

 どちらも 腸の熱を取ってくれます

 

 子供は これだけでも十分です

 旨いといってゴクゴク食べれます

 

 腸の熱をこれらで取り

 

  今度は腎臓の熱取りです

 

 

 

 高熱で   咳がある場合には

 

蓮根の卸汁大さじ3

 

生姜のしぼり汁小さじ1

 

塩 微量

 

 

 

順に混ぜてそのまま飲みます